ページTOPへ

YUHAKU(ユハク)の革製品レザーの染色技術は本物。職人としての技術とアーティスト

YUHAKU(ユハク)通販

【スポンサーリンク】

独自の染色スタイルで1点1点染め上げた革製品を中心に、日本のアート集団が創造するレディメイドブランド YUHAKU(ユハク)

写真では伝わらない圧倒的な品質―YUHAKU

 一般的に、ホームページで紹介されている商品の宣伝写真は、より商品のイメージを良く見せようと、スタジオ等を用意し、調光を重ね、最もよく見えるであろう角度を模索し、最高の一枚を切り取ったものである事が多いと思います。

 

 特に食品関連の宣伝写真はその最たるもので、昨今ではその演出が行き過ぎ、実際の商品とあまりにかけ離れたものがテーブルに出され、クレームに発展するケースも少なくありません。

 

 これではせっかくキレイな宣伝写真が撮れたとしても、全くの逆効果で終わってしまいます。背伸びするとこういったリスクが生まれる事を分かりつつも、企業も利益との戦いに必死なのでしょう。全てを否定はできません。

 

 そんな悪しき風習?などとは全く関係のない領域、全く必要のないレベルで財布造りをしているのがYUHAKUです。YUHAKUの財布は実物のクオリティが高すぎて写真では表現できていない、と思います。

YUHAKUの本社ショールームは2014年3月から横浜に移転

あ、YHAUKUのレザーアイテムの全ては、ホームページ上ではその魅力を伝えることは不可能なんだな。

 

 そういう逆の意味でがっかりしてしまいました。

 

 普通、財布というアイテムをネット通販等で購入しようとして、各ホームページ上で見る写真は、実物のそれよりも良く見えます。正直そう思います。

 

 でもYUHAKUのレザーアイテム、財布たちは総てのアイテムにおいて、本当に大げさではなく総て実物の方が素晴らしい雰囲気を持っています。

 

 こうやって写真を載せていますが、この時点でもう不本意です。(笑)写真を載せれば載せるほど、『実物はこんなものじゃないのに…。』という悔しさと、ある意味使命感のようなものまで沸いてくるのです。

 

YUHAKUの染色技術は本物。本当に素晴らしい色合い。

 YUIHAKUの染色技術はアートです。

 

 染めがこのブランドの世界的評価を確固たるものにしています。世界の有名バイヤーがこぞってYUHAKUを見に訪れて感動するそうです。

 

 YUHAKUの染めですが、基本となる素材には、色が入りやすくて艶が良く出るというタンニンなめしの革を使用しています。

 

 そのタンニンなめしの革に下地染めをして、さらに数種類の染料を半透明になるよう重ねていくという、洗練された繊細な技術を駆使しているのです。

 

 

 この染色技法はベラトゥーラと呼ばれる絵画の技法を応用した技術だそうで、職人としての技術とアーティストとしてのセンスを高いレベルで問われるのは間違い無さそうです。

 

 『この工程を任せられる人をはじめて迎えたときは本当に嬉しかった。』という旨の事をおっしゃっていました。

 

 そういった素晴らしいスタッフに出会えたからこそ、このブランドの可能性が広がったとも言えます。

 

 

このYUHAKUの染色に魅せられている方は非常に多いそうです。

 

 実際にショールームにお邪魔した時間には、他にも招待されていた方たちが沢山いらっしゃいまして、中には本当にコアなファンの方も居ました。

 

 バッグ、ベルト、財布、小物を総てYUHAKUで揃えているコレクターの方や、お話の中で聞こえてきたのですが、創業者よりもYUHAKUの歴史において詳しいという方も居ました。(笑)

 

 一般的にレザーアイテムって、革ジャンが好きで財布にも鎖が付いていて、ブーツも革で…みたいな客層が付くイメージがあるのですが、

 

 YUHAKUの場合、例えば染色に紫とかを使用していても、なんというかスマートな印象で、私のようなキレイめが好きな人にも受け入れられているのかな?って思います。

 

 

【スポンサーリンク】